【アーユルヴェーダの本場】スリランカでアーユルヴェーダ三昧

”アーユルヴェーダ”と聞くとどんなイメージが思い浮かびますか。

スリランカに2年間住んでみて、アーユルヴェーダが人々の生活に根付いていることがよく分かりました。 

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語の『アーユス』(生命)『ヴェーダ』(知識)を意味する"生命の知恵"であることを意味します。

5000年の歴史をもち、インドやスリランカで古来より伝わる世界最古の伝統医学。

インドにはインド政府伝統医学省、スリランカはアーユルヴェーダ省という国の機関があります。

日本では考えられないくらい、国をあげてアーユルヴェーダの研究と地位が高いことに驚かされる。

国立コロンボ大学の医学部の中にアーユルヴェーダ学科があり、たくさんのドクターたちが卒業され活躍されています。

私たち夫婦が1年弱、お世話になったドクターはこの大学を卒業し、たくさんの患者さんを日々診察する知識が豊富で美しい女性でした。

初めてアーユルヴェーダクリニックを受診した日、ドクターから言われたこと。”アーユルヴェーダとは施術ではなく投薬をすることがメインです”と言われ、衝撃を受けました。

なぜなら、わたしが今まで思っていたのは”シロダーラ”や”アビヤンガ”をしてもらい、リラックスすることだと思っていたからです。

過去にバリ島でアーユルヴェーダの施術を受けましたが、3時間のコースでシロダーラ→アビヤンガ→ヘッドスパのコースで大満足し、アーユルヴェーダを知った気持ちでいました。

 

▲日本では施術をすることがメインですが、実は本場ではアーユルヴェーダクリニックに行き薬を処方してもらうのが普通のことなのです。

シロダーラやアビヤンガ、パンチャカルマに興味があった私は驚きました。

現地で暮らしたからこそ知ること、訪れないと分からないことがたくさんありますね。

ドクター曰く、投薬がメインで施術はリラックス程度のことなのでそんなにやらなくてもいいとのこと。(気が向いて、時間がある時に)

アーユルヴェーダクリニックに通った日々は、とてもたくさんの知恵をドクターから学ばせてもらいました。

 

▲薬も処方してもらい服用して体感。

主人は”パンチャカルマ”を数回体験し、日本人男性では珍しいそうですがしっかりと本場のアーユルヴェーダを体験してきました。

ドクターの指示の元、わたしがパンチャカルマに使う薬草(煎じ薬)を家で煎じたり、パンチャカルマ体験を自宅で体験するという貴重な機会に恵まれる。

 

自宅でドクターもいない環境の中、パンチャカルマを行うのは珍しいそうです。(日本からの観光客の方々は、クリニックに滞在する形でパンチャカルマが行われます)

この自宅・パンチャカルマ体験はわたし自身にも強烈なデトックス体験をくれました。

驚きの体験だったので、その様子なども追々こちらに書かせてもらいたいと思います。

スリランカの日々は様々な知恵を頂いたので、これからこちらでアウトプットしていきたいと思います。

知らない世界を知るとまた世界が広がっていきますね。

 

言葉の説明

シロダーラ(額の第三の目と言われている部分に温かいごま油を垂らす。脳のリラックスとも言われるそう。)

アビヤンガ(オイルを全身の肌に塗り込むトリートメント)

パンチャカルマ(5つの浄化方法。時間をかけて下剤、浣腸、嘔吐剤などを用いて身体の深部から浄化すること)

 

 

 

 

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。